KOBASHI ROBOTICS株式会社

株式会社エアロジーラボとの資本業務提携のお知らせ

~「次世代型ものづくりプラットフォーム」による試作から量産、物流までの包括支援~

 KOBASHI ROBOTICS株式会社(所在地:岡山県岡山市、代表取締役社長:小橋正次郎、以下「当社」)は、株式会社エアロジーラボ(本社:大阪府箕面市、代表取締役:谷紳一、以下「AGL」)への出資を行うとともに、業務提携について合意しました。当社の試作から量産、物流まで包括的に支援するものづくりプラットフォームを活用し、量産を見据えた生産体制を確立し、社会課題を解決する国内初の“純国産”次世代ハイブリッドドローンの早期の社会実装を目指します。

 

 AGLは、UAV(無人航空機)の開発、設計、製造、販売、空中撮影、各種映像作成等を行っており、“純国産”の次世代ハイブリッドドローンの開発を進め、試作初号機「Aerorange pro」*¹を開発しました。

 近年、少子高齢化や地方の活性化、自然災害など社会課題の解決にドローンの活用が期待されています。従来のドローンは、積載重量・飛行時間に課題がありましたが、AGLが開発を進めるハイブリッドドローンは、エンジン発電機とバッテリーを搭載することで長距離・長時間・大量輸送を可能にし、今後、物流、災害対策、農業等など様々な場面で利活用が期待されます。また政府は、安全保障の観点から国産ドローンの普及を支援する方針で、”純国産”ハイブリッドドローンは、今後の国産ドローン市場を牽引していくことが期待されます。

 

 当社は、地球や人類の課題解決に資する技術の実用化を加速させるため、試作開発から量産・メンテナンスまで、ものづくりの各プロセスを包括的に支援する次世代型ものづくりプラットフォームサービスを提供しています。

 近年、多くのスタートアップ企業が社会的課題解決に挑む一方で、製品化の過程で様々な問題を抱え、その技術をスムーズに実用化できないのが現状です。当社は、試作・部品調達・量産・物流・メンテナンスなど、100年以上メーカーとして培ってきたノウハウ・リソースを提供することでこの問題を解決し、日本のものづくり産業の変革に寄与していきます。

 

 本資本業務提携により、「次世代型ものづくりプラットフォーム」を活用して「Aerorange pro」の量産を本格化させるとともに、開発された量産試作を用いて岡山県和気町にてドローン物流の実証を行い、事業化を加速していきます。両社の技術・知見を掛け合わせ、ドローン技術による社会課題の解決を目指します。

 

 

【AGLについて】

社名      :株式会社エアロジーラボ

所在地   :大阪府箕面市如意谷1-12-26

代表者   :谷 紳一

設立      :2012年10月

事業内容:UAV(無人航空機)の開発、設計、製造、販売、空中撮影、各種映像作成等

URL      :https://aerog-lab.com/

 

【KOBASHI ROBOTICSについて】

社名      :KOBASHI ROBOTICS株式会社

所在地   :〒701-0292 岡山市南区中畦684

代表者   :代表取締役社長 小橋正次郎

設立      :2020年2月

事業内容:モノづくり各工程の包括的支援および社会課題を解決する技術の社会実装支援。

URL      :https://www.kobashirobotics.com/

 

*¹「Aerorange pro」は、エンジン発電機とバッテリーを搭載することで最大飛行時間180分、最大飛行距離120km、最大ペイロード10kgを実現し、一般的機体と比較し、3-4倍も長時間飛行可能

 

 

【お問い合わせ先】

小橋工業株式会社 広報部 宮下 TEL : 086-298-3111

 Email : press@kobashiindustries.com