• HOME
  • ニュースリリース
  • KOBASHI HOLDINGSとACSL、国内とASEAN地域において、産業用ドローンの社会実装と産業発展に向け連携
KOBASHI HOLDINGS株式会社

KOBASHI HOLDINGSとACSL、国内とASEAN地域において、
産業用ドローンの社会実装と産業発展に向け連携

 KOBASHI HOLDINGS株式会社(所在地:岡山県岡山市、代表取締役社長:小橋正次郎 以下「KOBASHI HOLDINGS」)と株式会社自律制御システム研究所(所在地:東京都江戸川区、代表取締役社長 兼 COO:鷲谷 聡之 以下 「ACSL」 証券コード 6232)は、産業用ドローンの開発・製造・販売など幅広い業務で連携することとなりました。今後、両社は産業用ドローンの社会実装と産業発展に取り組んでまいります。

 ACSLは、産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、国産の産業用ドローンの開発を行っており、特に、画像処理・AI のエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術と、同技術が搭載された産業用ドローンを提供しています。これまで物流・インフラ点検・災害領域での産業用ドローンを社会実装することで、様々な現場の課題を解決してまいりました。

 KOBASHI HOLDINGSは、創業以来、農業機械メーカーとして農業の機械化を推進し、農業分野の課題解決および食糧増産に貢献してまいりました。「地球を耕す」という理念のもと、100年以上にわたって農業・ものづくり分野で培ってきた知識や技術を応用し、地球規模の課題解決に取り組んでおります。また、KOBASHI HOLDINGS子会社であるKOBASHI ROBOTICS株式会社は、試作開発から量産・メンテナンスまで、ものづくりの各プロセスを包括的に支援することで、ものづくり特有の課題である「手戻り」を削減する「次世代型ものづくりプラットフォーム」サービスを提供しております。

 本業務連携により、KOBASHI ROBOTICS株式会社は、産業用ドローンの開発支援、試作から量産にいたるまでの製造を担います。また、KOBASHI HOLDINGS子会社である小橋金属株式会社およびコバシ倉庫株式会社は、産業用ドローン部品や製品の保管・物流などを支援し、産業用ドローンの社会実装に必要なバリューチェーン全域において、KOBASHIグループ全体で連携を進めてまいります。
 加えて、国内にとどまらず、ASEAN地域など海外進出においても連携も深め、ドローン市場の拡大およびドローン産業の発展に寄与していきます。

 両社は、ドローンのみならず、ACSLの有する制御・画像処理技術の農業機械分野への応用も進めていきます。ACSLとKOBASHIグループの技術・知見を掛け合わせ、未来を切り拓く新しい価値を共創し、社会インフラの進化を目指します。

 

◆KOBASHI HOLDINGSについて
「地球を耕す」を理念に掲げ、地球規模の課題解決に取り組む。自社技術の新たな事業領域への応用を進め、耕作放棄地を活用したミドリムシ培養プールの実用化や次世代ドローンの量産支援、植物工場の機械化等、スタートアップ企業と新しい価値の共創に尽力。社会的・環境的課題解決につながる技術の社会実装を支援し、持続可能な社会の実現を目指す。
https://www.kobashiholdings.com/

◆ACSLについて
ACSLは、産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、国産の産業用ドローンの開発を行い、特に、画像処理・AI のエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術と、同技術が搭載された産業用ドローンを提供。既にインフラ点検や郵便・物流、防災などの様々な分野で採用。
https://www.acsl.co.jp/company/


【ニュースリリースへのお問い合わせ】
小橋工業株式会社 広報部
担当:宮下(みやした)
Tel: 086-298-3111  Email : press@kobashiindustries.com

株式会社自律制御システム研究所(ACSL) 
担当:廣嶼(ひろしま) 
Tel: 03-6661-3870  Email : sales@acsl.co.jp